世界で最も人口の多い国はどこでしょう?

発行時間: 2022-04-15

世界の人口は驚異的なスピードで増加しています。最新の推計によると、現在、世界の人口は約30万人。

2018年現在、中国は世界最大の人口を抱える国であり、その人口は驚異的です。

では、なぜこれらの国々はこれほどまでに大きな人口を抱えることになったのだろうか。高い出生率、低い死亡率、国際的な移動パターンなど、さまざまな要因が絡んでいます。中国の場合、その人口の多さは、急激な人口増加を抑制するために1979年に実施された一人っ子政策に大きく起因している。農村部や少数民族の家庭には例外もあったが、夫婦が2人以上の子供を持つことは制限されていた。この政策の結果、どれだけの出産が防がれたかを正確に知ることは難しいが、30年間で4億人の出産を防いだと推定されている。

また、インドは出生率が高く、毎年1,000人あたり平均20人(中国は1,000人あたり12人)が出産しています。さらに、国民の50%近くが25歳以下と、比較的若い世代が多いのもインドの特徴です。この「ユースバルジ」は、すでに疲弊している資源をさらに圧迫し、この先、雇用や経済成長の見通しに課題をもたらす。1965年以来、5,000万人以上の移民が(合法・非合法にかかわらず)米国に到着している。このような新来者の流入は、出生率の低下を補い、アメリカの人口を長期にわたって安定的に増加させるのに役立っている。

  1. 60億人で、205年には80億人に達すると予測されています。つまり、今後30年間でさらに20億人を受け入れる必要があるのです。では、どの国が一番人口が多いのでしょうか?
  2. 40億人の国民2位は30億人のインド、3位は3億2700万人のアメリカです。注目すべきは、これらの数字がすべて国連経済社会局(UNDESA)が発表した中間推計値であることです。

中国の人口は?

中国は2019年現在、13億8100万人の人口を擁する世界一の人口大国です。中国の人口の大半は東部地域に住んでおり、西部地域は人口がかなり少なくなっています。中国最大の都市は北京で、2,000万人以上の人口を擁しています。その他の主要都市は、上海、広州、重慶などです。中国は人口が多いにもかかわらず、高齢化やそれを支えるリソースの不足など、多くの課題を抱えています。

インドの人口は?

インドの人口は13億人です。人口の大半は南部地域に住んでおり、12億人以上が住んでいる。北部地域は、約1億人の人口を抱える。また、インドには大きなディアスポラ(ディアスポ-ラ)が存在し、インド国外に1,000万人以上が住んでいます。

中国の人口は、インドの人口と比べてどうなのでしょうか?

中国の人口は13億人以上、インドの人口は12億人以上です。中国がインドより人口が多いのは、国土がはるかに広いからです。中国の国土面積は約960万平方キロメートル、インドの国土面積は328万7000平方キロメートルに過ぎません。つまり、中国はインドに比べて単位面積当たりの人口が圧倒的に多いのです。さらに、中国の出生率はインドの出生率より高い。つまり、将来的には中国の方がインドよりも人口が多くなるということです。

人口密度が最も高い国はどこでしょう?

最も人口密度の高い国は中国である。1平方マイルあたり1,000人以上の人口を抱える中国は、世界のどの国よりも人口が多い。2位はインドで、1平方マイルあたり576人の人口密度があります。3位の米国は、1平方マイルあたり400人弱の人口密度です。

アメリカより人口の多い国はどこですか?

米国の人口は3億人強、中国の人口は13億人強です。3位は12億人超のインド、4位は1億4300万人超のロシアです。

世界で最も人口の多い5つの国はどこでしょう?

世界で最も人口の多い5カ国は、中国、インド、ブラジル、ロシア、そしてアメリカ合衆国です。これらの国の人口は合計で13億人以上です。これらの国々の人口は急速に増加しており、当面の間、増加し続けるでしょう。人口の多い5カ国は、2050年には20億人に達すると予想されています。この成長の背景には、出生率の上昇と移民率の増加があります。また、人口の多い5カ国は重要な経済大国でもあります。世界のGDPと輸出の大きな割合を占めている。

8)中国の人口は時代とともにどのように変化してきたか?

中国の人口は過去数世紀の間に劇的に変化した。1500年当時、中国の人口は約1億人でした。1900年には、その数は10億人以上に増えていた。しかし、近年、中国の人口は減少に転じています。2010年現在、中国の人口は13億人余り。これは2009年から約2,000万人の減少です。この減少の主な原因は、中国の出生率が以前よりずっと低くなっていることです。1999年、中国の出生率は人口千人あたり約12人だった。しかし、2010年には人口1,000人あたりわずか6人にまで減少しています。

人口が多いことの意味は何でしょうか?

人口が多いということは、いろいろな意味合いがあります。その一部をご紹介します。

  1. 人口が多いと、特に食料や水が足りなくなり、資源に負担がかかります。
  2. 人口が多いと、土地の過剰利用、河川や湖沼の汚染、森林の損傷など、環境破壊を引き起こす可能性があります。
  3. 人口が多いと、過密状態になり、犯罪や貧困などの社会問題が発生する可能性があります。
  4. また、人口が多いと、病気を蔓延させたり、環境を汚染させたりして、健康上の問題を引き起こすこともある。