2019年の中国の人口は?

発行時間: 2022-09-20

中国の人口は 2019 年時点で 1,379,419,538 人です。これにより、中国は世界で最も人口の多い国になります。中国の人口増加は近年急速に進んでいます。国の人口は 2000 年には 10 億人強でしたが、2030 年には 20 億人を超えました。しかし、出生率は低下し始めており、国の人口は 2060 年までに約 27 億人のピークに達すると予想されています。その時までに、インドだけがより多くの人口を持つようになると予測されています。

2019年のインドの人口は?

インドの人口は2019年時点で13億2461万人。これにより、世界で最も人口の多い国になります。数年前から首位を維持しています。中国は 12 億 5,754 万人で 2 位です。米国は 3 億 2,587 万 1,000 人で 3 位です。これらは世界銀行の公式数値です。カウント方法や使用するソースによって多少の変動がある場合があります。ただし、これは、各国に住んでいる人の数をかなり正確に見積もっています。インドの人口増加は、過去数十年にわたって非常に高くなっています。1950 年には、インドには約 5 億 5000 万人しか住んでいませんでした。2019 年までに、その数は 10 億人に達しました。これは信じられないほどの成長率であり、インドがどれだけ大きくなることができるかを示しています!インドの人口が年々増加している理由はたくさんあります。これらの理由には次のようなものがあります。1) ヘルスケアと栄養の改善 2) 教育機会の増加 3) 経済的機会の改善 4) 働く女性の増加 5) 急速な都市化 6) 交通機関の改善 7) 衛生設備の改善 8) 人口置換レベルを下回った出生率 9) 外国からの移民 10)これらすべての要因により、インドは世界で最も人口の多い国の 1 つになりました。世界銀行の人口部門は、インドの人口増加と人口統計に関する詳細情報を提供しています。

.

2019年に人口が最も多い国は?

2019 年現在、地球上には 73 億人以上の人々が住んでおり、その数は増え続ける一方です。では、人口が最も多い国は?世界銀行によると、それは 13 億 7000 万人の中国です。インドは 12 億 7000 万人で 2 位、米国は 3 億 2500 万人で 3 位です。これらの 3 つの国に続いて、ナイジェリア (2 億 4,700 万)、ブラジル (1 億 9,500 万)、ロシア (1 億 8,200 万)、インドネシア (1 億 6,700 万)、パキスタン (1 億 5,800 万) が続きます。これらの数値は公式の人口推定に基づいているため、時間の経過とともにわずかに変化する可能性があることに注意することが重要です.

2019年に最も人口の多い国トップ5を構成する国は?

2019 年に最も人口の多い 5 つの国は、中国、インド、アメリカ合衆国、ブラジル、ナイジェリアです。これらの国の総人口は 17 億人を超えています。中国は世界最大の国であり、13 億人を超える人々が住んでいます。インドは 2 番目で、12 億人以上が住んでいます。3 位はアメリカ合衆国で、3 億 1,800 万人以上が住んでいます。ブラジルは 4 位で、2 億 700 万人以上が住んでいます。ナイジェリアは 1 億 8,500 万人以上の人々が住んでおり、5 番目です。 2019 年に最も人口の多い上位 10 か国を構成するその他の国は、インドネシア (6 位)、ロシア (7 位)、日本 (8 位)、フランス (9 位)、ドイツ (10 位)、メキシコ (11 位)、バングラデシュ (12 位)、出生率、死亡率、移民率、移民率など、国の人口規模に寄与する多くの要因があります。人口増加は、出生数の増加または死亡数の増加が原因である可能性もあります。2019 年に最も人口の多い 5 つの国はすべて、他の OECD 加盟国と比較して出生率が高くなっています (> 出生数 30 人/居住者 1000 人)。これは、これらの国が全体的に急速な人口増加を経験していることを意味します。さらに、これら 5 か国のすべてで死亡率が高く(住民 1000 人あたりの死亡者数が 15 人を超える)、人口が多いことに貢献しています。移民率は、経済の安定性や社会福祉政策などの要因に大きく依存するため、国の人口規模を決定する上で小さな役割を果たします。ほとんどの先進国では移民率が低い傾向にあります。これは、誰かが適切な書類や当局の許可なしに母国を離れることは難しいことが多いためです。

中国の人口は 2018 年から 2019 年にかけてどのように変化しましたか?

世界銀行によると、中国の人口は2019年時点で13億7000万人。これは、2018 年の 13 億 3000 万人からの増加です。2019 年の中国の人口増加率は 0.9% で、世界平均の 1.12% よりも低くなっています。

中国の人口の大部分は農村部に住んでおり、毎年死亡者よりも出産者の方が多くなっています。近年、政府はより多くの人々を都市に移し、経済発展に参加し、医療や教育などのサービスにアクセスできるようにしようとしています。これは、多くの農村住民が家族や家から離れることを余儀なくされていると感じているため、中国人の間で緊張を引き起こしています.

過去数十年にわたる中国の高い人口増加率には、医療の進歩による高出生率と低死亡率、女性の間での避妊の普及など、多くの要因があります。しかし、中国はその人口の管理に関して多くの課題に直面していることに注意することも重要です.

インドの人口は 2018 年から 2019 年にかけてどのように変化しましたか?

2019 年のインドの人口は 13 億人と推定されています。これにより、人口規模で中国を上回り、世界で最も人口の多い国となっています。インドの成長率は 2000 年代後半から減速していますが、それでも毎年約 1% の速度で成長を続けています。この増加の大部分は、労働力に入る女性と若年成人の数の増加によるものです。さらに、ここ数年、近隣諸国からの難民や移民が大量に流入しています。その結果、インドの人口は 2027 年までに 15 億人に達すると予想されています。しかし、出生率がここ数十年で大幅に低下したことを考えると、インドは最終的に世界で最も人口の多い国としての地位を中国に奪われる可能性が高い.

特定の国で人口が多いのはどのような要因によるものですか?

特定の国で人口が多いのには多くの要因があります。これらの要因には、医療へのアクセス、良好な衛生状態、教育と雇用の機会、安全で安心な環境が含まれます。さらに、一部の国では人口増加率が高い歴史があり、これは出生率、経済発展、政治的安定などの要因に起因する可能性があります。最終的に、2019 年の世界最大の人口を評価する際には、利用可能なすべての情報を考慮することが重要です。

国の大きさは人口密度に影響しますか?

2019 年現在、地球上には 75 億人以上の人々が住んでおり、その人口は 2050 年までに 97 億人に達すると予測されています。ただし、国の人口密度を測定するにはさまざまな方法があります。以下に 3 つの例を示します。1) 総人口密度2) 1 平方キロメートルあたりの人口3) 1 ヘクタールあたりの人口以下の表は、これら 3 つの尺度による 2019 年の時点で世界で最も人口の多い上位 10 位を示しています。総人口密度が最も高いのは中国 (1 平方キロメートルあたり 1,000 人以上) で、インドは最低 (1 平方キロメートルあたり 100 人強) です。米国は 3 番目に人口密度が高く (1 平方キロメートルあたり約 5,000 人)、ロシア (1 平方キロメートルあたり 4,995 人) が続きます。総人口に関して最も人口の少ない国はモナコで、1 平方キロメートルあたりの居住者数は 30,000 人をわずかに上回ります。下の表は、これら 3 つの尺度に従って、2019 年時点で世界で最も人口の多い 10 か国を示しています。総人口密度が最も高いのは中国 (1 平方キロメートルあたり 1,000 人以上) で、インドは最低 (1 平方キロメートルあたり 100 人強) です。米国は 3 番目に人口密度が高く (1 平方キロメートルあたり約 5,000 人)、ロシア (1 平方キロメートルあたり 4,995 人) が続きます。総人口に関して最も人口の少ない国はモナコで、1 平方キロメートルあたりの人口は 30,000 人をわずかに上回ります。

人口密度の高い国で何か傾向はありますか?

人口密度の高い国ではいくつかの傾向が見られます。たとえば、これらの国の多くは所得格差が大きく、社会不安につながる可能性があります。さらに、これらの国の多くは若者の人口が多いため、資源やインフラへの圧力が高まる可能性があります。最後に、これらの国の多くは、人口密度が高いため、重大な環境問題に直面しています。

世界の人口を監視することが重要なのはなぜですか?

世界の人口を監視する際の課題にはどのようなものがありますか?世界人口見通しレポートとは何ですか?World Population Prospects レポートの主要な調査結果にはどのようなものがありますか?2019 年以降に世界の人口増加が直面する主な課題にはどのようなものがありますか?これらの課題のいくつかに対処するために、私たちはどのように支援できるでしょうか?世界最大の人口は

監視には費用がかかる場合があります。

人口増加は、世界のさまざまな地域で大きく異なります。

人間活動以外の多くの要因 (気候変動など) が人口増加に影響を与えます。と

人口規模や分布の経時変化の原因となる要因が、あるとしても、それを知ることはしばしば困難です。"World Population Prospects レポートからの重要な調査結果には次のようなものがあります。

  1. 202 年までに 80 億人 地球上に住む人々の数は、現在の 30 億人から 2100 年までに 90 億人に達すると予測されています。その時までには、これまで以上に多くの人々が存在し、食糧、水、エネルギー、教育、医療を必要とする人々が増えるでしょう。世界の人口を監視することは、私たちの行動が世界の傾向やパターンにどのように影響するかを理解するのに役立ちます。また、貧困や飢餓の削減、すべての子供たちの質の高い教育へのアクセスの改善、天然資源の保護、気候変動との闘いなど、世界の開発目標を支援する最善の方法について、十分な情報に基づいた決定を下すことができます。世界人口の監視には多くの課題があります。紛争や不安定な状況により、特定の場所や特定の時期にデータ収集が困難または不可能になる場合があります。
  2. 女性 1 人あたり 1 人の出生);• ヨーロッパと中央アジアを除くほとんどの地域では、出生率が代替レベル (死亡率と歩調を合わせるために必要なレベル) を下回り、時間の経過とともに総人口規模が減少しています;• 2010 年から 2015 年の間に、世界の出生時平均余命はわずかに伸びていますが (+5 年)、これは国間の大きな違いを覆い隠しています (ボツワナの 65 歳以上の女性の 5 歳の増加から、女性の 2 歳の減少までの範囲) • 1990 年から 2015 年の間に、世界人口に占めるアフリカの割合は 16% から 24% に増加しましたが、アジアの割合はわずかに減少しました (-4 パーセント ポイント)。世界的に言えば、アフリカのシェアが 23% だった 2000 年以来ほとんど変化がありません。 • 若年成人の割合 (

人口が多いことは、資源とインフラにどのような影響を与えるでしょうか?

大規模な人口は環境にどのように影響しますか?人口が多いことから生じる課題にはどのようなものがありますか?人口が多いことの利点にはどのようなものがありますか?大規模な人口を責任を持って管理するにはどうすればよいでしょうか?

人口が多いということは、リソースとインフラストラクチャ、環境、およびそれらを責任を持って管理する方法に多くの影響を及ぼします。多くの場合、人口が多いと資源の需要が高まり、すでに限られた供給に負担がかかる可能性があります。また、高レベルの汚染と過密状態による環境問題も引き起こしています。さらに、すべての人を収容するのに十分なスペースがないため、多数の人口を管理することはしばしば困難です。いくつかの課題には、効果的な政策の作成と効果的な実施、すべての住民への教育と医療の提供、犯罪率を減らす方法の発見などがあります。人口が多いことの利点には、経済成長と機会の拡大、雇用の増加、社会福祉制度の改善、グローバル社会への貢献の増加などがあります。政策立案者は、増加する人口にどう対処するかを決定する際に、これらの要因を考慮に入れることが重要です。これらの問題に正面から取り組みながら、すべての人が不可欠なサービスにアクセスできるようにするために、グローバル コミュニティとして協力できる方法はたくさんあります。

人口が多いと、過密や汚染などの問題が発生する可能性がありますか?

はい、人口が多いと、過密状態や汚染などの問題が発生する可能性があります。過密状態は健康問題を引き起こす可能性があり、汚染は環境を破壊する可能性があります。人口が多いと、地域社会のすべての人のニーズを満たすことができない可能性がある資源に対する需要も生じます。これは紛争や暴力につながる可能性があります。場合によっては、人口が多いと、すべての人に十分なスペースがないため、人々が自分のコミュニティに住むことができなくなることさえあります.人口が多いということは、貧困や不平等と関連していることが多く、多くの人々の生活を困難にしている可能性があります。ただし、大規模な集団がすべて悪いわけではないことを覚えておくことが重要です。実際、世界最大の都市のいくつかには、高いレベルの繁栄と生活の質を享受する多くの人々が住んでいます。

13, 経済発展と人口増加の間に関係はありますか?

経済発展と人口増加との関係は、問題となっている国や地域によって異なるため、この質問に対する万能の答えはありません。ただし、これら 2 つの要因の関係について、いくつかの一般的な観察を行うことができます。

一般的に言えば、人口増加は、1 人あたりの GDP (国が生産する商品とサービスの総価値) と全体的な繁栄レベルの両方の点で、経済発展レベルの向上と関連している傾向があります。これは、経済活動が活発になると、商品やサービスに対する需要が高まり、それらを購入できる人の数が増えるためです。

ただし、人口増加と経済発展の因果関係について結論を出す際には、考慮すべき重要な注意点がいくつかあります。たとえば、各要因が他の要因にどの程度の影響を与えるか、または実際に関連性があるかどうかさえ、常に正確に明確であるとは限りません!さらに、すべての国や地域が人口増加と経済発展の間に正の相関関係を経験しているわけではないことにも注意する必要があります。したがって、人口の増加がほとんどの国/地域でより大きなレベルの経済発展につながることは広く真実かもしれませんが、これは、人口増加のすべてのインスタンスがそのような進歩をもたらすことを意味するものではありません.